ワキの脱毛は痛みが伴うと思っていませんか

脱毛を行う事を考えた時にまず考える事はその痛みについて考えると思います。
脱毛を行ってキレイになりたいと考える反面痛かったら嫌だなとか考える方も少なくないと思います。

そこで、ここでは主流となっているレーザー脱毛によるワキ脱毛の痛みについて説明したいと思います。

痛みは人によって感じ方が違いますので、はっきり言って個人差によるものになりまうが、結論を言います。

大きな痛みはありません。

レーザー脱毛は現在では主流となっている脱毛方法で、昔であれば、ニードル脱毛という針を刺してそこに電気を流す事で脱毛するという方法もありました。
しかし、ニードル脱毛は痛みが激しいうえに時間がかかるという事で現在では取り扱っているサロンは少ないそうです。
そのため、レーザー脱毛の機器本体の性能も高くなっており、現在では短時間で痛みのない施術を行う事ができるため、レーザー脱毛が主流となっています。

しかし、口コミなどを見ると「激しい痛みを感じた」と言う声を見かける事も少なくありません。
これは、レーザーの出力が高すぎている事が一番の要因だと考える事ができ、出力を下げることで大概の場合は解決されます。

痛みには個人差があるため初めは標準の出力でレーザーを当てその痛みの感じ方によって出力を調整するのですが、レーザーを当てた時にしっかりと痛みを感じる事を伝える事で痛みを感じず、施術を行う事ができるようになります。

また、出力を調整してもどうしても痛みを感じてしまうという方には、痛み止めの成分の入ったクリームなどを塗る事で痛みを軽減し施術を行う場合もあります。

つまり、しっかりと痛みがある事をつたえる事で痛みがない施術を受ける事ができます。