脱毛でワキガはなおる?ひどくなる?

ワキ脱毛はもっともメジャーな脱毛方法として知られていますが、ワキガが治ったという話やワキガになったという話を聞くことがあると思います。

そこで、今回はワキガとワキ脱毛の関係について紹介したいと思います。

そもそもワキガとは、アポクリン腺から出た汗に含まれる脂肪酸と皮膚の汚れや脂が混じり、細菌やカビなどが繁殖して悪臭を発生させるというメカニズムになっています。

このメカニズムからするとワキ脱毛をすることによって汗に含まれる脂肪酸と皮膚の汚れや脂を増やしてしまい、さらに、細菌やカビなどが繁殖させる環境になってしまうと脱毛をしたことにより、ワキガになってしまうという事になります。

しかし、ワキ脱毛をするという事は、細菌やカビなどが繁殖しやすい環境ではなく、毛がなくなることで、ムれる事がなくなりますし、汚れなども溜まりにくくなりますので、繁殖させる環境ではなくなります。

また、毛がなくなることによってアポクリン汗の出口がふさがれ、アポクリン汗の分泌を低下せる事ができます。

この様なことからワキ脱毛を行う事によってワキガが改善される可能性もある事がわかります。

しかし、実際にワキ脱毛をすることによってワキガになってしまったという方もいる事も事実です。
ワキガは体質によるものという説もあり、アポクリン腺の数や分泌物の量が、普通より多い体質をワキガ体質という事が多いようです。
また、ワキガは遺伝するものと言う説もあります。

そして、ワキガが発症するのは思春期頃が多いと言われておりますので、脱毛をしたからワキガになったというよりは、ワキ脱毛を試みるという事は思春期になり、脱毛にも興味を持ち始める時期ですので、たまたま時期が重なったという事が言えるのではないでしょうか?